TOPへ
サイトマップ
   外国人研修生事業コンサルティング 
 
外国人研修生事業コンサルティング
ケータイコンテンツへ
お問い合わせ



外国人研修制度とは

「外国人研修制度」とは、海外からの研修生・技能実習生を日本企業が受け入れ、技術・技能の修得を支援するとともに、各国の将来を担う人材育成に協力することを目的とした政府主導の制度です。
当組合は、日本政府より正式許可を受けた事業協同組合であり、相手国の政府公認機関と当組合が直接協定を結び、研修生を受け入れます。

研修生人数枠

企業常勤職員数  
1人
1人
2人 2人以下
3人〜50人 3人以下
51人〜100人 6人以下
101人〜200人 10人以下
201人〜300人 15人以下

受け入れ企業の常勤職員数(常勤役員を含む、通常雇用保険の加入者で決定する)により、受け入れ人数が決まります。

万全のサポート体制
研修生の選抜から、研修終了後帰国まで法的な手続きや毎月の定期訪問など、担当者が責任を持って行います。
また問題が起こった場合は、即座に訪問し、適切に対応します。

信頼・誠実・安心・実現をキーワードに
複数の送り出し機関と提携し、職種、人材条件、教育・管理体制などを考慮し、受け入れ企業に合った送り出し機関を選定します。研修事業において、正しい送り出し機関を選定することは最も重要な要素です。長年研修事業に携わり、現地の信頼を得た専門スタッフが責任を持って対応いたします。
研修生・実習生受け入れのメリット

職場の活性化
社員の高齢化や人材不足に悩む生産現場において、積極的に技術や技能を習得したいという意欲を持つ若者が職場に入ることにより、日本人社員への刺激にもなり、職場が活性化します。

安定した労働力の確保
研修生から実習生に移行しての3年間、安定した雇用が確保でき、毎年受け入れることにより、中長期的な生産体制・人員計画を組むことができます。


生産性の向上

若い人材ばかりなので、体力もあり業務に対しても意欲的。自国で経験をつんだ優秀な若者が、即戦力として加わることにより、生産性が向上します。

事業の国際化
研修生を受け入れることにより、現地法人とのつながりができますので、合弁企業の 設立や直接取引など海外進出の足掛かりとなります。事業の国際化を検討される際には、当組合がサポートします。

コスト削減、競争力のアップ
若さにあふれ、活力ある労働力を確保することにより、人件費の大幅な削減が見込めますので、コストパフォーマンスに優れた製品を製造できます。

研修生受け入れまでの基本的な流れ

1 1次受け入れ機関に加入  
2、研修生候補者としての条件を送り出し機関に通知
 
3、送り出し機関による研修候補者の選抜
 
4、受け入れ企業による現地面接
  5、送り出し機関による研修生の申請に必要な書類の作成   6、合格した研修生の事前研修開始
                     
7、1次受け入れ機関による研修生申請書類の作成   8、研修生の在留資格認定証明書の申請〜交付   9、受け入れ費用の準備   10、研修生の出国準備   11、研修生来日〜集合座学研修   12、集合座学研修後それぞれの受け入れ企業へ